出会い系サイト『PCMAX』で会えた人妻が最高にエロかわいいギャルだった!

出会い系サイト名物?

「禁断の果実」の

人妻と会うことになりました。

 

基本的には自分からは

アプローチしないんですが、

出会い系サイトでは、

LINE交換して、ある程度

仲良くなってから

「実は私結婚してて・・・」

みたいなパターンも

結構良くあるんです。

しかも、ある程度メールを

やりとりしてると

物欲しそうな文面を

何回かに1回、

送ってきたりするから、

こちらも性欲に負けて

ついつい会っちゃうんです。

ホント、主婦って

ストレスが溜まって

欲求不満なんですね。

 

たいてい出会い系内では
 
結婚してることを

人妻達は言いません

僕が出会い系で

人の奥様に会うのは

これで4回目になるんですが、

すべてプロフィールには

結婚していることが

書かれていなかった

パターンでした。

今回の人妻のお陰で

どうしてプロフィールに

結婚していることを

書かないのかが

明らかになりました。

彼女たちのほとんどは

実際に会ったりする気など

最初はないそうです。

 

興味本位や単なる暇つぶしで登録し、

ある程度、

サイトに慣れていくうちに

偶然、タイプの人が見つかって

結果、実際に会うように

なるみたいです。

ただし、

これは「ピュア掲示板」での話なので、

「アダルト掲示板」だと

また違った傾向が

あるかもしれません。

 

「アダルト掲示板」なら、

時間がかからず、すぐに

セックスできそうな気がします。

 

今回の若妻さんとの

きっかけの経緯は、

新人さん検索

良さげなプロフの女性に

メッセージを送って、

3往復のやりとりの後に

LINEに移行した

出会い系サイトの

王道パターンでした。

【プロフィール】

簡単に彼女のプロフィールを

紹介します。

万が一バレるとマズいので

あまり深くは言えないので

ご了承ください。

 

亜紀さん 27歳パート

3歳の子どもを

幼稚園に送って行き、

迎えにいく5時ごろまで

事務系の仕事をしている。

 

夫は中学時代の同級生で

10年近くの付き合いになり、

男としてみるよりも

子供のパパとしか

見れない感覚になっている。

 

旦那は3交代の仕事をしていて、

ある程度時間の予定がわかるので

不倫をしやすい環境ではある。

今回会ってきた若妻も

「普通にカワイイ女性」でした。

ショッピングモールとか

街にいそうな

綺麗な人妻さんって感じです。

 

とは言っても

最初の頃は、

結構な警戒心を感じましたよ。

なので、

メールのやりとりで

時間をかけて、

警戒心を解いていって

彼女のテンションが

ピークの時に

「よし!」と思って

誘ったんです。

 

こういうのは、

まさにタイミングが命。

タイミングを逃すと

二度と会えなくなっちゃうんで。

 

今回は会うことができて、

ラッキーだったと思います。

やらしてもらうんですから、

彼女の都合を

優先するのは当たり前です。

旦那さんが夜勤の日に

彼女が住むマンションの近くの公園で

待ち合わせました。

待ち合わせ場所で

停車して待っていると、

あたりの周囲を気にしながら

女性が車に乗り込んでくる姿が

余計興奮を誘います。

 

服装はというと

何んとミニスカート!!

やる気まんまんじゃないですかっw

しかもカワイイし!

「生足がたまりません。」

 

俺:「どうも!

来てくれてうれしいです。」

亜紀:「なんか緊張するんですけど・・・」

彼女はお風呂あがりで

シャンプーのいい匂いに

車内が包まれます。

 

彼女からの雰囲気からして

ヤレることはわかっていたので

焦らずに、

 

俺:「めっちゃいい匂いだね」と

言いながら

髪を触って耳に移行します。

 

俺:「実は俺、

耳フェチなんだよね」と

耳に唇が触れるか

ふれないかの距離で囁きました。

亜紀:「ンッ!」

 

俺:「どうしたの?耳弱いの?」

 

亜紀:「はい。耳はダメなんです・・・」

 

 

もうここからはお互いに

ぐちゃぐちゃになるまで

ヤリまくりました。

 

車内の窓ガラスは、

二人の熱気で自然スモーク状態にw

 

 

亜紀ちゃんの喘ぎ声が

またカワイイ。

 

彼女は声を出さないように

我慢してるんだけど

どうしても我慢できず

出ちゃうみたいな。

 

しかも彼女は完全にM、

ドSの僕との相性もピッタリ。

 

 

俺:「すごい濡れてるね。

どうしてこんなに濡れてるの?」

 

 

亜紀:「イヤァ・・・アァ」

 

俺:「聞こえる?音?」

 

グチョグチョになっている

オマンコを弄りながら

悪戯な質問を続けます。

 

亜紀:「ハァァァァ」

指マンしながら

耳や胸を執拗になぶり続けていると、

 

亜紀の声が

興奮しているのがわかります。

 

亜紀:「イクッ・・」

 

俺:「イッタの?

旦那以外の男でイッテいいの?」

 

亜紀:「だって・・・

話するだけって言ったのに・・・」

 

俺:「そんなこと言うんだ?

どうする?

旦那に悪いからやめとく?

俺はどっちでもいいけど」

 

亜紀ちゃんのクリトリスを

舐めながら、

意地の悪い質問をします。

 

亜紀:「欲しいです」

 

俺:「ハッ?何が欲しいの?」

 

亜紀:「もう・・・」

 

俺:「どうするの?

今日はこれでやめとく?」

 

亜紀:「イヤです。

欲しいです。ください。」

 

俺:「何が欲しいか

はっきり言わないと

あげられないなぁ」

 

亜紀:「おちんちんほしいです」

 

 

俺:「誰のおちんちんがほしいの?」

 

 

亜紀:「あなたの・・」

 

 

俺:「いいの?

旦那以外のチンポで?」

 

 

亜紀:「もういい、

もういいから入れてください。」

 

 

俺:「旦那以外のチンチンくださいって

言ったら入れてあげるよ。」

 

 

亜紀:「・・・」

 

 

亜紀:「・・・」

 

クチュ、クチュ

 

 

亜紀:「旦那以外のチンチンください~」

チンコをマンコに挿入すると

彼女は気が狂ったかのように

喘ぎつづけました。

 

 

俺:「他の男のチンポで

何回イクんだよ?」

 

亜紀:「アッ!またイキそうです。」

 

 

俺:「イッてもいいけど、

ちゃんと旦那に謝らなきゃな。

旦那の名前は?」

 

亜紀:「・・・」

 

俺:「名前は?」

 

亜紀:「こうくん・・・」

 

俺:「謝れよ」

 

亜紀:「ぁぁぁ~こうくんごめんさい、

イキそう、ごめんなさい。

ぁぁぁ~イッ、グゥッ」

 

 

亜紀:「すごいエッチ♡」

あーあ、やっちゃった・・・」

 

 

俺:「まあ、いいんじゃない?

そんなもんだよ人間」

ちょっとにクールに決めてみる。

『PCMAX』で人妻の寝取り完了!!

今回めちゃめちゃエロい人妻に

会えたのは出会い系サイト『PCMAX』でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ